晴れないので機材イジリ

せっかくの連休でしたがまったく晴れません。おまけに台風まで・・・

こんな時は、機材イジリです。
EQ8-R赤道儀のペイロードを考えるとまだまだ搭載に余裕があります。鏡筒ツイン化に挑戦してみました。

まずは、通常の搭載方法から・・

【ε130D】:鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 8.1kg
e130D.jpg

【R200SS】:鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 10.5Kg
R200SS.jpg

【ε180ED】鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 15.1kg
 10Kgのバランスウェイト 1個でぎりぎりです。
e180ED.jpg

ここからツイン仕様です。搭載用にプレートを自作しました。今回のプレートはいつも使っているアルミ厚板(A5052)ではなく、少し奮発して(A2017)にしました。一般的にはジュラルミンと呼ばれるものです。強度があるので10mm厚で十分です。
工作は自分でするので素材屋(切売りで重量で販売するところ)に注文、450mm x 200mmで5,000円程でした。
ついでにロスマンディー規格のアリガタも自作です。
プレート.jpg

【ε130D + R200SS】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 + カメラ x2  22.1Kg
e130_R200SS.jpg

【ε130D + ε180ED】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 + カメラ   24.8Kg
e130_e180.jpg

【ε180ED + R200SS】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 +カメラ x2   27.4Kg
R200SS_e180.jpg

ほぼ、撮影時の実装状態です。赤経のバランスは合わせてあります。赤緯は若干の改良が必要ですが低頭ボルトがあれば解決できそうです。
ASI1600MM ProでL像、EOS6Dでカラーを撮ることを考えるとL:ε130D、カラー:EOS6Dがよさそうです。
鏡筒同士の光軸合わせとかあります。夜が長くなったらやって行きます。

    f.l.(Full-Size)       4/3
ε130D       430mm       760mm
ε180ED     500mm      1000mm
R200SS     760mm      1520mm

赤城山で観る アイリス星雲

台風10号が強力な勢力で接近してきていますね。九州地方は今晩が最接近でしょうか。お気を付けください。
関東地方も台風からは遠いですが、その影響なのか朝から風と雨が強くなったり弱くなったりしています。(たまに晴れ間も)

さて、本日ご紹介する画像は、ケフェウス座にあるアイリス星雲NGC7023です。7等星の光で輝く反射星雲ですが周りに分子雲も多いです。
中心付近は比較的輝度が高く、分子雲は極薄ですので撮り応えのある対象です。分子雲を狙うと中心は白飛びしてしまいますので別撮りしてみたいですね。

【ケフェウス座アイリス星雲NGC7023】
NGC7023_LRGB.jpg

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセンR200SS改(D200mm コマコレPH(fl=760mm)
カメラ:ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ:ZWO LRGB
     L:180s x 10(Gain139), 300s x 10(Gain139) 1x1binning
              RGB:各180s x 6(Gain300) 2x2binning 
     総露出時間134分
撮影日時:2020年8月28日 25:14~
撮影場所:群馬県 赤城山新坂平

庭撮り惑星撮影が楽しいです。-土星、火星ー

今日は、久々に過ごしやすい日でしたね。9月に入ったらいきなりなんてなんて分かりやすいのでしょうか?

今日ご紹介するのは7/27に自宅で庭撮りした土星と火星になります。
木星撮影後は雲が出てきましたのでいいチャンスがなくコマ不足です。

【土星】
土星完成.jpg
【火星】
火星_Comp10.jpg

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセン R200SS改(D=200mm,fi=800mm)
カメラ:ZWO ASI290MC
    パワーメイトx5.0,ADC使用
    SharpCap3.2にてキャプチャー 13ms/Gain300
    AS3にてスタック、Registax(Wavelet)
    WinUPOSにて自転補正&コンポジット
    SI8、PhotoShopCCにて画像処理