晴れないので機材イジリ

せっかくの連休でしたがまったく晴れません。おまけに台風まで・・・

こんな時は、機材イジリです。
EQ8-R赤道儀のペイロードを考えるとまだまだ搭載に余裕があります。鏡筒ツイン化に挑戦してみました。

まずは、通常の搭載方法から・・

【ε130D】:鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 8.1kg
e130D.jpg

【R200SS】:鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 10.5Kg
R200SS.jpg

【ε180ED】鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 15.1kg
 10Kgのバランスウェイト 1個でぎりぎりです。
e180ED.jpg

ここからツイン仕様です。搭載用にプレートを自作しました。今回のプレートはいつも使っているアルミ厚板(A5052)ではなく、少し奮発して(A2017)にしました。一般的にはジュラルミンと呼ばれるものです。強度があるので10mm厚で十分です。
工作は自分でするので素材屋(切売りで重量で販売するところ)に注文、450mm x 200mmで5,000円程でした。
ついでにロスマンディー規格のアリガタも自作です。
プレート.jpg

【ε130D + R200SS】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 + カメラ x2  22.1Kg
e130_R200SS.jpg

【ε130D + ε180ED】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 + カメラ   24.8Kg
e130_e180.jpg

【ε180ED + R200SS】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 +カメラ x2   27.4Kg
R200SS_e180.jpg

ほぼ、撮影時の実装状態です。赤経のバランスは合わせてあります。赤緯は若干の改良が必要ですが低頭ボルトがあれば解決できそうです。
ASI1600MM ProでL像、EOS6Dでカラーを撮ることを考えるとL:ε130D、カラー:EOS6Dがよさそうです。
鏡筒同士の光軸合わせとかあります。夜が長くなったらやって行きます。

    f.l.(Full-Size)       4/3
ε130D       430mm       760mm
ε180ED     500mm      1000mm
R200SS     760mm      1520mm

赤城山で観る アイリス星雲

台風10号が強力な勢力で接近してきていますね。九州地方は今晩が最接近でしょうか。お気を付けください。
関東地方も台風からは遠いですが、その影響なのか朝から風と雨が強くなったり弱くなったりしています。(たまに晴れ間も)

さて、本日ご紹介する画像は、ケフェウス座にあるアイリス星雲NGC7023です。7等星の光で輝く反射星雲ですが周りに分子雲も多いです。
中心付近は比較的輝度が高く、分子雲は極薄ですので撮り応えのある対象です。分子雲を狙うと中心は白飛びしてしまいますので別撮りしてみたいですね。

【ケフェウス座アイリス星雲NGC7023】
NGC7023_LRGB.jpg

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセンR200SS改(D200mm コマコレPH(fl=760mm)
カメラ:ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ:ZWO LRGB
     L:180s x 10(Gain139), 300s x 10(Gain139) 1x1binning
              RGB:各180s x 6(Gain300) 2x2binning 
     総露出時間134分
撮影日時:2020年8月28日 25:14~
撮影場所:群馬県 赤城山新坂平

庭撮り惑星撮影が楽しいです。-土星、火星ー

今日は、久々に過ごしやすい日でしたね。9月に入ったらいきなりなんてなんて分かりやすいのでしょうか?

今日ご紹介するのは7/27に自宅で庭撮りした土星と火星になります。
木星撮影後は雲が出てきましたのでいいチャンスがなくコマ不足です。

【土星】
土星完成.jpg
【火星】
火星_Comp10.jpg

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセン R200SS改(D=200mm,fi=800mm)
カメラ:ZWO ASI290MC
    パワーメイトx5.0,ADC使用
    SharpCap3.2にてキャプチャー 13ms/Gain300
    AS3にてスタック、Registax(Wavelet)
    WinUPOSにて自転補正&コンポジット
    SI8、PhotoShopCCにて画像処理

EQ8-R 初の遠征

なかなか暑さが収まらないですね。南西では台風が超大型に発達しつつあります。こっちくんな!!

8/28はまずまずの空模様な予感でしたので赤城山へ遠征してきました。現地で星友のN島さん、星見の方が数名来られておりました。
今回の遠征の目的は新しい赤道儀EQ8-RでのDeep Sky撮影確認です。

撮影した対象はNGC7293です。月もありますし、赤城のウィークポイント、南天の星雲ですのでナローバンドで撮影しました。SIIは弱いのでAOOで撮影しています。途中で霧がかかったので枚数が少なめです。
らせん星雲はナローで撮影すると放射状の構造が写りやすく興味深いですね。
【みずがめ座NGC7293らせん星雲】
NGC7293_AOO.jpg
ナローバンドの為、星像は小さいです。

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセンR200SS改(D200mm コマコレPH(fl=760mm)
カメラ:ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ:ZWO Hα(7nm)、OIII(7nm)
     Hα=300s x 4 , OIII=300s x 4
撮影日時:2020年8月28日 23:15~
撮影場所:群馬県 赤城山新坂平

庭撮り惑星撮影が楽しいです!ー木星ー

天気予報では”来週から過ごしやすい日が・・・”とか数週にわたり聞いた気がするのですが、過ごしにくいですね。
夜になれば・・・と思い、庭で惑星を撮影しましたが暑いですね。空調服で何とか過ごせますが、夜でも熱中症に要注意です。

本日ご紹介するのは、8/27に撮影した木星です。シーイングはなかなか良い空ですが、雲が流れて撮影がやりにくかったです。

【木星】
木星_完成版.jpg
イオの影が映っています。よく見るとイオ本体も写っています。(影の右、影と大赤斑とで正三角形▽辺り)

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセン R200SS改(D=200mm,fi=800mm)
カメラ:ZWO ASI290MC
    パワーメイトx5.0,ADC使用
    SharpCap3.2にてキャプチャー 13ms/Gain300
           3000フレームx6 AS3にてスタック、Registax(Wavelet)
    WinUPOSにて自転補正&コンポジット
    SI8、PhotoShopCCにて画像処理

8/12 グンマ~國北部で観るペルセウス座流星群(動画)2

今朝は、秋風ふいた!感じで意外と涼しかったですが、日中は酷暑でしたね。
これから、朝夕と日中の寒暖差が大きくなって体調を崩しやすくなります。ご注意ください。

今日ご紹介する動画は8/12に撮影したペルセウス座流星群の動画になります。
天文ではあまり使わないCanon EOS 7Dで撮影していたことをすっかり忘れていました。

明るいのも写っていますので探してみてください。
いつものように前半はコメットモード(残像がしばらく残ります)、後半はノーマルのタイムラプスです。


このカメラはノーマル機です。流星撮るのにはノーマル機のほうが背景がニュートラルグレーにし易くて良いですね。

新しい娘が入ったよ!

連日の猛暑日、たまらないですね。

昨日、ヤマト運輸の家財宅急便で荷物が届きました。
荷物.jpg
家財便って初めてでしたが運送屋さんが2名来ると事前に連絡がありました。重いので二人で持つものと思っていましたが一人1個づつ運んできました。35kgを楽々運んできました。流石ですね。

で、中身はこれです。
本体.jpg
EQ8は今年5月にモデルチェンジしました。EQ8-Rとなっています。
検品するために、庭で仮組してみました。失笑です。
確かに、重量はありますが本体のハンドルがいい仕事をしていて運びやすいですね。扱いはEQ6とあまり変わらない印象です。EQ6は持つところがないので意外と厄介です。
ケーブル周りはすっきりしていてアリミゾから赤経南端の不動のところまで内部配線していてあるので絡まるリスクは少なくなりますね。50cmぐらいのケーブルでOKです。
ドブテイル.jpg
赤経テイル.jpg

よく使うR200SS改でバランスを取ってみました。10kgのウェイトでこの一でバランス取れます。惑星撮りはこの辺りですね。
R200SSバランス.jpg
ε130Dだとギリギリ一番上でした。カメラだけだとシャフトのみ?かな?シャフトも3キロあります。
写真で見るとそうでもないですがセンターピラーが極太です。ε130Dの鏡筒ぐらい!

顔グロな娘なので炎天下では熱いです。手袋しないと触れません。(^^;

流石に、ビクともしないですね。ミスの言い訳ができなくなりました。

夜に室内で電源入れてみました。エンコーダーが付いているのでほっといても大体向いてくれます。PCとの接続も問題なしですね。
恒星時駆動では0.5AでEQ6より少ないくらいですね。最高速は2.5Aぐらいでした。

これからが楽しみです

8/12 グンマ~國北部で観るM27

激アツの日が続いています。皆様、体調は万全でしょうか?熱中症の初期症状には発熱や倦怠感がありコロナウィルスの症状と似ているそうですので厄介ですね。
ところで最近のニュースではこの厄介な病気を新型コロナって言ってます。おやじ世代には新型コロナはマークII、クレスタ、チェイサーもご兄弟で一世を風靡していましたがすべて消えてしまいました。厄介者も消えてくれないかな~

本日、ご紹介する画像ははくちょう座M27あれい星雲になります。ペルセ観測の合間に電子観望していたのですが写りがなかなか良かったので撮影してみました。30s x 57コマ、45s x 17コマとコマ数は多いですが総露出時間は40分と短いです。

短時間露出にしたのは2つの理由があります。①露出を伸ばし過ぎると縁の赤い部分がすぐに飽和してしまう。②風が強かった。この対策です。
対角線画角が6.5mm程度ですので35mm換算で5000mm以上の焦点距離になります。画像はほとんどトリミングしておりません。横方向が長いセンサーサイズなのでブログ用に調整しております。

これからの秋の銀河祭りに使えそうです。
【はくちょう座M27あれい星雲】
M27完成.jpg

あ~っ、ダーク撮るの忘れてた!
このサイズだとフラットも要らないですね。センサーのごみが写り込むようであれはスカイフラットですね。

おまけ
最近、話題の”サク山チョコ次郎”です。お安くておいしいと話題です。
なんで、次郎なんだろう?太郎でも、三郎でもいいんだが・・・なんでゴリラ?・・・
IMG_2392.JPG

8/11 赤城山で観るクレセント星雲

長かったお盆休みも終わり、今日から仕事再開の方も多いのではないでしょうか。私も本日から仕事でしたが、なかなか集中できず効率が悪かったです。星見なら即、集中なのですが、今日は星見あとの撤収のような気分でした。

本日ご紹介する画像ははくちょう座にあるNGC6888クレセント星雲(三日月星雲)になります。H-II領域で撮影される方も多いサドル周辺を広めに撮ると可愛いクラゲみたいな三日月が良く写っています。今月発売の天文ガイド9月号の星雲・星団案内でも紹介されています。意外とOIII(青色)が多いエリアです。今回はNGC6888に絡まる蒼いベールを撮ってみました。

【はくちょう座NGC6888クレセント星雲 AOO合成】
NGC6888_AOO.jpg

8/12 グンマ~國北部で観るペルセウス座流星群(静止画)

お盆休暇も終わりですね。明日からまた会社です。
暑いのはたまらないですが秋雨も嫌なのでほどほどにお願いしますよ!お天道様!

本日ご紹介する画像は8/12に撮影したペルセウス座流星群を1枚の静止画にまとめたものです。
観測地の空の暗さもあり、Samyang 14mm ED F2.8 30秒露出だと適正ISO8000で撮影しております。途中で月が出てきましたので合成にはバックグラウンドを合わせるのに手間取りました。

天の川を背景に飛ぶ流星は格別であります。
ペルセ_流星合成_6D.jpg