月、機材整備(発電機排ガス対策2)

5月になりました。意外と天候が不安定で晴れたり、雷雨だったり・・・風は全般に強いですね。

ゴールデンウイークですが月も大きいので月面撮影と機材整備です。

まずは、GW前に撮影した月です。
4/23の撮影です。
これはASI1600MMでの撮影です。
moon20210423.jpg

拡大撮影はこちら、撮影はASI290MCです。
21_25_07_lapl5_ap117_11111.jpg

5/1早朝の撮影です。
LRGB_ok.jpg

続いて発電機の排ガス対策の続編です。
前回は排気温度がECO160℃、ノーマル220℃程度でしたので改善を図りました。
やんちゃな子やバイク乗りの方が良くやる手法です。
サイレンサーとキャタライザにバンテージを巻いてみました。
バンテージ.jpg
もっと安いのもあるのですが、グラスファイバーがチクチクするのでこれを採用。
発電機の外シェル、内シェルを外して行きます。内シェルを外すにはキャブレターを外す必要があります。
共締めしているボルトがあります。写真は半分だけですが両側外さないとサイレンサーが外せません。
サイレンサ.jpg

キャタライザ廻りはこんな感じにしてみました。
キャタライザ.jpg
濡らして作業するとやり易いです。

これで排気温度がECOオン 240℃ オフ350℃程になりました。
においもさらに少なくなった気がします。

発電機のECO対策

週末の天気が良くない周期ですね。もう月が大きくなってきましたので撮影は少しお休みになります。

今日は趣向を変えて発電機の改造です。
以前から興味があったのですが発電機の排ガス対策です。
バイク用のキャタライザ(触媒)を取り付けられないかと・・・探していたらヤマハのEF1600is発電機用のキャタライザを作っているメーカーがありましたので購入してみました。

私の使っているIEG900M/MはヤマハのEF900isのOEMになります。EF1600isと900isのこの辺りの部品は共通なものが多く、マフラーの出口寸法も同一で取り付けることができます。

キャタライザはこんな感じです。中にあるハニカム状(段ボールのような)が触媒です。本体はステンレス、テールはアルミです。
キャタライザ.jpg

取り付けるとこんな感じです。
排気管.jpg
位階とがっちり付きます。

使用感はECOオフ状態でははっきり差があります。排気がマイルドになります。
ECOオン状態では効きが弱いですかね?

取り付けに先立ち、排気温度を測定しています。
排気温度.jpg
ECOオン:160℃
ECOオフ:220℃
が最高温度でした。キャタライザの理想的な動作温度は300℃位ということですので低いです。
マフラーバンテージとか巻くと良さそうです。
本当は空燃比を14.5:1にすると良いようですがキャブレターでそんな希薄燃焼できませんね。

ECOモードで使うことが多いので効果的に廃棄するにはマフラー(サイレンサー)の断熱が必要かもです。
とりあえずこれでしばらく使ってみます。


かみのけ座 NGC4565(針銀河)

平地の桜はとうに終わって今は葉桜になっていますが、われらが愛する妙義山は真っ盛りです。
妙義山にはその名も「さくらの里」という公園があってお盛んです。

その妙義山へ4/10に遠征に行ってきました。いつもの星仲間から誕生祝をしていただき、楽しく過ごさせていただきました。
星の方は夜半から雲が流れて残念な結果でした。

数少ない撮影枚数の中から、かみのけ座NGC4565をご紹介します。

【かみのけ座NGC4565針銀河】
NGC4565-LRGB2.jpg

からす座NGC4038,4039 アンテナ銀河

3月から週末に天気が悪くなる傾向ですね。4週連続とのことです。
雨上がりは少し気温が下がりました。 体調には注意したいですね

さて、本日ご紹介する画像はからす座のNGC4038,4039、アンテナ銀河です。
距離6,800万光年にある2つの銀河が衝突中の銀河です。お互いの腕は相互作用で大きく引き伸ばされています。また中心付近はスターバーストが発生しております。

腕が淡いですが何とか表現してみました。ネコの口元みたいです。

【からす座NGC4038,4039アンテナ銀河】
N4038_LRGB_3.jpg
【撮影データ】
望遠鏡 : GS200RC(リッチークレチアン)RD使用(fl=1,200mm)
赤道儀 : EQ8-R Pro
カメラ : ZWO ASI1600MM Pro
  L:600s x 13(1x1)、RGB各:300s x 8 (2x2) 総露出時間 4時間10分

 2021.03.14 23:40~  群馬県下仁田町

いっかくじゅう座ばら星雲

暖かい日が続いています。そのため桜が散るのが早いですね。
会社でも新人が入ってきましたし、春爛漫です。

本日、ご紹介する画像はいっかくじゅう座のNGC2237 ばら星雲になります。
この辺りの星雲も今シーズン最後になりそうです。

【いっかくじゅう座NGC2237ばら星雲】
NGC2237_DBE_PCC_HT_SCNR_CT.jpg

今シーズン撮り納め・・・M42

3月も最終週ですね、当方も期末なので先週は大忙しでした。
大手半導体メーカーの火災もあり、来期も忙しくなりそうです。

今回ご紹介する画像は、今シーズン最後になりそうなオリオン座です。さすがに西に傾いてしまって露出が取れなくなってきました。
いろいろな光学系で撮ってきましたが、久々のε130での撮影です。

【オリオン座 M42】
2_M42_60_DBE_Ht_CT_HDR完成.jpg
【撮影データ】
望遠鏡 : タカハシ ε130D(D=130mm, FL=430mm)
赤道儀 : タカハシ 90S改
カメラ : Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
ISO3200 60s x 60コマ 10s x 54コマ
2021.03.14  19:29~
処理 Pixinsight → PhotoShopCC
撮影地 : 群馬県下仁田町

夏先取り! アンタレス周辺

今日は朝から小雨、夜になって本降りになってきました。風も強いようです。
また、東北地方で強い地震がありました。1か月に2度目です。少し不気味ですね。

今日ご紹介する画像は、人気のさそり座アンタレス周辺になります。先撮りしてきました。
まだ妙義山では光害ゾーンから抜け出せないのでイマイチです。
アンタレス、M4を服も5角形の色の対比がきれいです。

【さそり座アンタレス周辺】
Ant_1_DBE_PCC_HT_CT1.jpg

【撮影データ】
赤道儀 : タカハシ90S改
レンズ : Samyang 135mm ED F2.0(F2.8で使用)
カメラ : Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
   ISO3200 60s x 30コマ

撮影日時 2021.03.14 27:06~
撮影場所 群馬県下仁田町

【おまけ】
撮影で使用している発電機ですが少しハンチングが出ていましたのでキャブレターの分解清掃をしました。
最終的には、キャブの汚れではなかったですが使っている方はたまには掃除したほうが良いですね。

まずは半身を剥いでホースを外します。燃料を抜いても結構出ます。火気厳禁です。
IMG_2891.JPG

過去にやったことがあるのでここまでバラスのに15分ぐらいです。
左にある真鍮のパイプみたいなのがジェットになります。複数の穴が開いているのですが目が詰まるとハンチングしたり、エンストしたりしやすくなります。キャブクリーナーで洗浄します。洗浄後はエアダスターで飛ばします。
IMG_2897.JPG
今回はキャブの汚れは無かったです。スローのアクセルのストッパー位置を僅かに高速側にしたらハンチングが改善しました。
ちなみにキャブレターは三国工業製(国産)でした。
IMG_2895.JPG
こちらの本体にも小さい穴がたくさん開いていますのでキャブクリーナーを吹いておきます。
ミクニキャブレターといえばソレックス・・懐かしいです。トヨタは良く使っていた気がします。

あとは元通り組み立てて終わりです。半身剥いてあるのでオイルの交換しておきました。

しし座NGC2903

とうとう、一都三県に出されていた緊急事態宣言は解除されるようです。新規感染者は増加しているようなので今までと変わらず用心して行きたいですね。

本日、ご紹介する画像はしし座の頭部にあるNGC2903です。きれいな棒渦巻銀河で焼く3,000万光年の彼方にあります。

【しし座 NGC2903】
NGC2903_LRGB_2_Trim.jpg
【撮影データ】
望遠鏡 :GS200RC (D=200mm,fl=1,600mm)RD使用 fl=1,200mm
赤道儀 :EQ8-R Pro
カメラ :ZWO ASI1600MM Pro
撮影日時:2021.03.14 21:27~
 L:300s x 8コマ  RGB各:180s x 8コマ(2x2Bin)
撮影地 :群馬県下仁田町

トールのヘルメット

土曜日の春の嵐のような天気から」一転して日曜日は良い天気でした。ただ、低気圧通過後の定番の西風が強めで心配でしたがいつものお山に遠征してきました。
そろそろ冬の星雲たちを撮影するのも厳しくなってきましたが、早めに準備できたので撮影してみました。

今回、ご紹介する画像はおおいぬ座にあるNGC2359 トールのヘルメットと呼ばれています。中心にウォルフ・ライエ星という超高温の恒星が存在しています。

【おおいぬ座 NGC2359 トールのヘルメット】
NGC2359_SAO_ColorShift_1_16bit.jpg

撮影データ
望遠鏡 : GS200RC(リッチークレチアン D=200mm,fl=1,600mm)
                 RD使用 fl=1,200mm 
赤道儀 : EQ8-R Pro
カメラ : ZWO ASI1600MM Pro(‐15℃)
      ZWO SII,Ha,OIII (7nm)
      SII,Ha,OIII各 300s x 5shot

撮影日時 2021.03.14 19:44~
撮影場所 群馬県下仁田町


あれっ、ドーナツさん・・ですよね?

3月も1週間経ってしまいました。春かやってきてますね。河津桜が満開です。
急に突風が吹いたりします。・・つむじ風が発生したようでゴミ箱の蓋がどこかへ飛んでいってしまいました。

今日ご紹介する画像は、夏先撮りのこと座 M57リング星雲です。ドーナツ星雲とも呼ばれています。
惑星状星雲ですので小さいです。しかし輝度が高いので意外と見えやすいです。
地球からの距離は2,283光年、直径は1.3光年だそうです。

【こと座M57】
M57_DBE1.jpg
望遠鏡 : R200SS + EXPH(fl=1120mm)
赤道儀 : EQ8-R Pro
カメラ : Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
  ISO3200 120s x 9コマ
撮影日時 2021.02.13 28:30~
 Pixinsight、PhotoShopCCにて処理、トリミング有