月齢 9.7

今日は2/22・・・ニャンニャンニャンで猫の日です。愛猫家の方には大切な日です。

ここ数日、2月とは思えないような気温、夜も暖かく雲も出なかったので望遠鏡を出してみました。
上弦を過ぎたところですが欠け際のクレーターが横から光を受けて立体的に見えます。

【月齢 9.7】
LRGB_finish.jpg
【撮影データ】
望遠鏡 : R200SS コマコレPH(fl=760mm)
赤道儀 : EQ8-R Pro
カメラ : ZWO ASI1600MM Pro
 L   : 500フレーム x 4(500us) 70%
RGB各 : 500フレーム x 4(1500us) 70%
AutoStakkert3にてスタック、RegiStax6にてウェーブレット処理
SI9にてRGB,LRGB合成、PhotoShopCCにて画質調整

【お遊び】
せっかく重い赤道儀を五十肩をおして出したのでライブスタックで遊んでみました。
好ましくない条件下ですが挑戦です。悪条件は次の通り
・極軸があってません(北極星が見えないので置いただけ)
・月がそばにあります。(おうし座にあり)
・庭のすぐ横は地方幹線道路
・当然、オートガイドなし
ASIのキャプチャーソフトですがなかなかいいですね。ばっちりスタックしてくれます。

【オリオン座M42】
M42_LRGB_finish.jpg
760mm 4/3(フルフレーム換算1,520mm)をノータッチで月光の基でここまで写せるとは意外でした。
LRGBで合成しています。
露出は5秒x12スタックですので総露出時間4分です。

オリオン座の分子雲

今日は透明度が高いキィーンと冷えた冬らしい日和でした。通勤に狭山市周辺を通過する際に富士山が見えるのですが、白さが増したように見えてます。・・明日からは暖かくなるようです・・

今回ご紹介する画像はオリオン座のナローバンドとなります。見どころエリアですがSAO合成、色相シフトするといつもと変わったイメージになります。

前回Upもブロードバンドでオリオン座でしたので見比べてみてください。

【オリオン座分子雲SAO合成色相シフト】
zeta_ori_SAO_HDR-21.jpg
【撮影データ】
レンズ : Samyang 135mm/F2.0(F2.8で撮影)
赤道儀 : タカハシ90S改
カメラ : ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ: ZWO SII,Ha,OIII 7nm(Φ36mm)
   SII,Ha,OIII各 Gain300 Offset25 2x2Bin  -15℃
 SII: 600s x 8, 60s x 10
   Ha: 600s x 7, 60s x 10
   OIII:600s x 5, 60s x 10
撮影日時 : 2021.02.13  19:48~
処理 : PixInsight、PhotoshopCC

オリオン座ζ星付近

いよいよ日本でも新型コロナウィルスのワクチン接種が始まりますね。医療従事者への接種からですが、感染のリスクが高いので早く対応していただきたいですね。

さて、本日ご紹介する画像はオリオン座の三ツ星ζ(ゼータ)星アルニタクの周辺になります。ここには、燃える木という黄色っぽい星雲と馬頭星雲の赤、反射星雲の青とさそり座のカラフルタウンを彷彿させるきれいなエリアです。

長い間、楽しませてくれたオリオン座ですが今シーズンもそろそろ終わりです。ありがとう!

それにしても、R200SSの輝星耐性って厳しいですね。2等星っていうのもあるけど・・・ドローチューブの影響もあるかもです。絞り環を入れてみようかな?

【オリオン座ζ星周辺】
zeta_orion_DBE_PCC_CC_HTF_CT完成.jpg
【撮影データ】
望遠鏡 :ビクセンR200SS コレクタPH(fl=760mm)
赤道儀 :EQ8-R Pro
カメラ :Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
   ISO3200 120s x 40コマ
撮影日時:2021.02.13  21:20~
処理  :PixInsight → PhotoShop CC

おおくま座M101

昨夜は、緊急地震速報が急になってびっくりしましたね。被害も出ているようです。

さて、本日ご紹介する画像はおおくま座とうしかい座の境にあるM101回転花火銀河です。
大型の銀河ですがフェイスオン銀河であるため意外と淡く撮影は時間がかかります。
腕の部分には発達した星雲やH-II領域を見ることができます。
距離は2700万光年です。

【おおくま座M101回転花火銀河】
M101_LRGB_1.jpg
【撮影データ】
望遠鏡 : R200SS + EXPH(fl1120mm)
赤道儀 : EQ8-R Pro
カメラ : ASI1600MM
撮影日  2021.02.06 21:50~

おおくま座 M97

周期的に天気が変わってきてます。春めいてきた証拠ですね。
昨日は建国記念日でした。神武天皇の即位にちなんでということでしたが何もせず・・・

本日ご紹介する画像は、おおくま座にあるM97ふくろう星雲です。惑星状星雲としては大型で青い星雲に対照的な2つの暗い部分があってふくろうの顔に見えるところからふくろう星雲と呼ばれています。距離は1800光年。
個人的には”男梅”なんだが・・・

【おおくま座M97ふくろう星雲】
M97_LRGB_1.jpg

愚痴・・五十肩が痛くて文章打ち込みがつらい・・データは省略で・・

オリオン座M78・・おまけ

立春過ぎたら急に暖かいですね。周期的な変化になってきました。まだまだ寒い日が多いのですが春は近づいている感じです。

今日ご紹介する画像はオリオン座M78になります。「ウルトラの星、光の国」で有名ですが、これは台本にM87と間違えてしまったためのようです。反射星雲と暗黒星雲ですからねぇ~

M78は1600光年の距離があり直径4光年の大きさです。反射星雲を真っ黒な暗黒星雲が隠してコントラストの高い見ごたえのある星雲です。

【オリオン座M78】
M78_DBE_PCC_SCNR_NIK16.jpg

【撮影データ】
望遠鏡 : ビクセンR200SS コレクタPH使用(fl=760mm)
赤道儀 : Sky watcher EQ-8R Pro
カメラ : Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
      ISO3200  120s x 40コマ
上部の赤い星雲はバーナードループです。

おまけ
本ブログが「星ナビ3月号」”ネットよ今夜もありがとう”に掲載されました。
IMG_2840_1.jpg

ちょうこくしつ座 NGC253 

年末から雨らしい雨が降っていなかったですが今日は午前中から雨、今は雪に変わっています。あまり積雪してほしくはないですね。

今日ご紹介するのはちょうこくしつ座とくじら座の境界付近にありますNGC253になります。7.1等級、25’と大型ですが南の低空にあるためにメシエには入っていませんが立派な大銀河です。

この銀河は1140万光年の距離にあり、ちょうこくしつ座銀河群の中心になります。スターバースト銀河で新しい星が次々と誕生しているとのことです。

【ちょうこくしつ座NGC253】
NGC253_LRGB.jpg
ε180のβーSGRを初めて使ったのでピントが甘かったです。
【撮影データ】
望遠鏡 : タカハシε180ED(fl=500mm, F2.8)
赤道儀 : Sky watcher EQ8-R Pro
カメラ : ZWO ASI1600MM Pro

撮影日時:2020/12/12 21:54~
撮影場所:群馬県下仁田町

りょうけん座M51子持ち星雲

今日は大寒でした。昨日ほどではなかったですが寒かったですね。

今日ご紹介する画像はりょうけん座にあるM51子持ち銀河です。
2300万光年の彼方にあり、渦巻銀河に伴銀河が相互干渉しております。このため腕の部分には赤いH-II領域が広がっているのが写真で見ることができます。
望遠鏡を手に入れるとこの銀河を見たり、撮影してみたくなりますが、小さいので大きく写すには難しい対象です。
大きく写すには焦点距離を延ばす必要がありますが冬の悪いシーイングではクリアにならないです。

【りょうけん座M51子持ち星雲】
M51_LRGB完成2.jpg

オリオン座M42,M43

今週の1/20は大寒ですね。もう一回、寒波が来る予想になっています。北関東は晴天率が高いのですが季節風が強いことが多くて痛し痒しですね。

今日は、春の銀河祭りの箸休めとしてオリオン座のM42,M43です。説明するまでもないですが、M42の南側の分子雲を撮りたくてフレーミングを北寄りしています。

少し前まではこんな写真取れなかったのですが、いい時代になりました。

【オリオン座 M42,M43】
M42_M43.jpg
【撮影データ】
望遠鏡:ビクセン R200SS(コレクタPH fl=760mm)
赤道儀:Sky watcher EQ8-R Pro
カメラ:Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
 各 ISO3200 120s x 30コマ、20s x 30コマ 1x2モザイク
画像処理:PixInsightにて前処理~ストレッチ、NR、 
     SI9, PhotoshopCCでHDR処理


おおくま座M109

今日は暖かでしたが、雨が降ったり突風が吹いたりして夕方から気温が下がってきましたね。忙しい天気でした。

この季節になると夜半には明るい星が少なくなって系外銀河が多く見えるようになります。
今日ご紹介する画像はおおくま座にあるM109になります。メシエ銀河としては小ぶりであまり明るくないので目立ちませんが奇麗な棒渦巻銀河で発達した腕が魅力的です。

【おおくま座M109】
M109_LRGB_2回目.jpg