2/1 妙義山遠征(4)

いゃ~今朝はさむかったですね! 群馬県高崎市の郊外にある我が家では厚氷が張りました。今シーズンで一番張ったかな~

話は変わりますが、最近、アニメで「恋する小惑星(アステロイド)」という天文少女(高校生)ネタをやっています。ビクセンとアストロアーツが協力しているようで実際の望遠鏡セットや2017年頃の星ナビがそのまま出てきます。若い人たちが来るといいな~

本日、ご紹介するのはIC434馬頭星雲になります。これは、散光星雲IC434の前にある暗黒星雲が馬のようなシルエットが浮かび上がっています。距離は1,500光年。画面左下にはNGC2023という反射星雲が輝いています。
今回は、月も残っていたためナローバンドで撮影しました

【オリオン座IC434馬頭星雲 SAO合成】
IC434_SAO_1_1.jpg
SAO合成だとディテールは分かりやすいですがOIIIがほとんどないので緑になってしまいます。AOOでもよいのですが星の色が不自然になるので変則的にASOで合成してみました。
【オリオン座IC434馬頭星雲 ASO合成(R=Hα,G=SII,B=OIII)】
IC434_ASO_1_1.jpg
オレンジ色っぽくなっているところはSIIが存在するところです。OIIIは星とNGC2023だけです。

【撮影データ】
カメラ   :  ZWO ASI1600MM Pro
鏡筒     : GS-200RC(D=200mm/F8.0(R.D使用F=6.0/fl=1,200mm)
                 リッチークレチアン、36mm換算fl=2,400mm)
フィルタ : ZWO SII,Hα,OIII(7nm)
架台     : ケンコートキナー スカイエクスプローラー EQ6 Pro
ガイド    : オフアキ,QHY5L-II,PHD2よる自動追尾
撮影   : SII,Hα,OIII=各300s x 6 2x2Bining(Gain300) (総露出時間90分)
      -15℃
                 Sequence Generator Proにてキャプチャー
処理  : ステライメージ8にてダーク、コンポジット及び画質調整
      PhotoShop CC 2019 にて最終調整
撮影日  :    2020年2月1日 23:00~24:29
撮影地 : 群馬県甘楽郡下仁田町妙義山

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろたろう
2020年02月08日 18:07
軽トラおやじさん、こんばんは。
恋する小惑星って見て見たいです。(╹◡╹)
次回予告の通り馬頭星雲ですね(^ν^)
黄緑色のSAO合成もそそりますね!(◎_◎;)
ASO合成はブロードバンドぽくこれまた素敵です。
一粒で2度美味しいってな感ですね( ◠‿◠ )
軽トラおやじ
2020年02月08日 18:47
ひろたろうさん こんばんわ
コメント&お褒めのお言葉ありがとうございます。
ナローバンドで散光星雲を撮影するとディテールが出やすいのでなかなかいいです。
予告先発は、なるべくやります。次回は”Fox"です。