12/28 妙義山遠征(1)

年の瀬も迫る中、大掃除を逃亡して妙義山へ遠征してきました。
早めに出撃したので第2駐車場に車は無く、若干の西風がありましたが長距離砲をセットし、
日暮れを待っていると続々と集結、小隊規模(20数台)になったでしょうか・・・
さて、最初の画像は秋の天頂に輝くペガスス座にあるステファンの五つ子+NGC7331です。
右上の大き目の銀河はNGC7331です。地球からの距離は約4000万光年、視直径は10'を超える美しい渦巻銀河です。
左下側にかたまってある銀河はステファンの五つ子という、銀河の塊になります。
NGC7317,7318A/B,7319は地球からの距離が3~3.6億光年と非常に遠く、NGC7320は3900万光年となります。
五つ子は誤りで四つ子+よく似た他人が一人といった感じです。
【ペガスス座NGC7317~7320,7331 ステファンの五つ子】
ステファンの五つ子_LRGB_2回目.jpg
【撮影データ】
カメラ   :  ZWO ASI1600MM Pro
鏡筒     : GS-200RC(D=200mm/F8.0(R.D使用F=6.0/fl=1,200mm)
                 リッチークレチアン、36mm換算fl=2,400mm)
フィルタ : ZWO LRGB
架台     : ケンコートキナー スカイエクスプローラー EQ6 Pro
ガイド    : オフアキ,QHY5L-II,PHD2よる自動追尾
撮影   : L=180s x 13 1x1Bining(Gain139)
                RGB各120sec x  7, 2x2Bining(Gain139) (総露出時間81分)
      -15℃,  1x1Bin(Gain139)
                 Sequence Generator Proにてキャプチャー
処理  : ステライメージ8にてダーク、コンポジット及び画質調整
      PhotoShop CC 2019 にて最終調整 トリミングあり
撮影日  :    2019年12月28日 18:59~20:42
撮影地 : 群馬県甘楽郡下仁田町妙義山

季節外れの感があり、短時間でチャチャッと仕上げてみました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろたろう
2019年12月30日 06:17
軽トラおやじさん、おはようございます。
妙義山遠征お疲れ様でした。
距離差のあるそれぞれの銀河を良い構図で捉えていますね!(◎_◎;)素晴らしいです。
ステファンの五っ子の距離を聞いてびっくり!
私も一度は撮って見たくなりました。
軽トラおやじ
2019年12月30日 17:34
ひろたろうさん こんにちは。
コメント&お褒めのお言葉ありがとうございます。
ステファンの五つ子は暗く、いづれも13等級、視直径 2'なので難物です。もう少し露出を伸ばすかGainを上げたほうが良かったです。NGC7331の明るさに合わせてしまいました。
この周辺は3億光年クラスの遠い銀河がたくさんありますねNGC7331の周辺も同じような銀河です。ぜひ、長時間露光で狙ってみてください。