2インチフィルタホイール調整

今日は天文ネタです。
先日、紹介したQHY製2インチホイールですが、電気系の制御は解析できましたので光学的な調整です。

このホイールは、今使っているものより厚さがあるので、ひと工夫必要です。

ナローバンド狙いなのでε-130Dのみを前提にしました。
現在のQHY9+CFW2SはCanon EOSのバックフォーカスに合わせてあります。 カメラレンズでも∞があっている状態です。

QHYCCDのホームページのバックフォーカス長は、微妙に違っているので現物で合わせます。

使ったリング類はこちら・・・
画像


トミタ製の変換リングを使ってます。光路長が短く、お値段も手ごろなリングを扱っているので便利です。

QHY9+CFW2Sではカメラの前面からM54ネジ基部までが41.5mmでした。これに合わせればフォーカスが出ることになります。
画像


2インチホイールはそのままだと41.0mmになります。(ちょうどいい)、0.8mm/Φ42mmのシムを入れて41.8mmとしてあります。子のシムは0.1mm単位ではがせるタイプなので微調整もできますが、そこまで要らないか・・・
フィルタのガラス厚もあるし・・・
画像


フィルタホイールはε-130Dにねじ込み、ホイールとカメラはテーパーリングで接続です。フィルタは手配中、在庫切れているみたいでいつ手に入るやら・・・

天文のパーツは在庫切れていると数か月待つけど、一般的にはあり得へん!

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック