10/18 火星(火星の名所・・・大シルチス)

今日は朝から良い天気で、埼玉県狭山市付近では雪を頂いたきれいな富士山を拝むことができました。
今週末も天気は良さそうですので是非、遠征してみたいものです。

本日の画像は10/18に撮影した火星です。撮影条件としてはもう少し高度が高くなってからのほうが有利なのですが、火星の名所、大シルチス~子午線の海が撮れるチャンスでしたので撮影してみました。

週末には高度が高い状態でこの付近が撮影できるので狙ってみたいです。

【火星の名所】
火星3.png

【撮影データ】
赤道儀 :Sky watcher EQ8-R
望遠鏡 :ビクセン R200SS改
     パワーメイトx5 + ZWO ADC
カメラ :ZWO ASI290MC IR/UVカットフィルタ使用
キャプチャー:SharpCap 5000フレームx4
撮影日時:2020.10.18 21:26~
撮影場所:自宅庭
 AutoStakkert3 にてスタック (70%)
 RegiStax6にてウェーブレット処理
  ステライメージ、PhotoShopCCにて画像処理


同時刻の地名をステラナビ11から拝借しました。
火星_星図.png

10/18の木星、土星

今年も星巡りが悪いというか、もう2ヶ月も遠征が出来ていません。10月になれば・・・と、思っていたのですが新月期の週末は雨でした。何とか日曜日の夜は晴れてくれましたので庭で惑星を撮ってみました。
そろそろ、今シーズンの撮り納めになる木星、土星です。日没に南中ぐらい、南に低いのですぐに傾いてしまいます。高度のせいではっきりしない画像になってしまいました。

木星3.jpg

土星.jpg

次の土日は、上弦ですが晴れ間が望めそうですので、遠征したいと思います。久々に妙義に帰れるかな~

火星10/15

10月に入って、晴れる日も多くなるかと思っていましたが、週末は天気が悪いパターンが続きますね。折角の新月週末ですが、絶望的な予想です。しかも寒い!
10/15の23時頃に空を見たところ火星がきれいに見えていましたので撮影してみました。
もう、秋冬の気圧配置なのでなかなかシーイングが良くならないですが何とか..
来週末は大シルチスが撮りやすい向きになるのでまた撮影したいです

火星1015.png

【撮影データ】
赤道儀 :Sky watcher EQ8-R
望遠鏡 :ビクセン R200SS改
     パワーメイトx5 + ZWO ADC
カメラ :ZWO ASI290MC IR/UVカットフィルタ使用
キャプチャー:SharpCap 2500フレームx4
撮影日時:2020.10.15  24:28~
撮影場所:自宅庭
 AutoStakkert3 にてスタック (70%)
RegiStax6にてウェーブレット処理
  ステライメージ、PhotoShopCCにて画像処理

10/1の火星

10月に入り火星がますます接近してきました。2年前の大接近のときは砂嵐が発生してしまいよく見えなかったのですが今回は良い状況です。
中秋節に望遠鏡を出しましたので夜半に火星を撮影しました。
空の透明度が良くなりましたがシーイングはあまりよくなかったです。

【火星】
火星4.jpg
【撮影データ】
赤道儀 :Sky watcher EQ8-R
望遠鏡 :ビクセン R200SS改
     パワーメイトx5 + ZWO ADC
カメラ :ZWO ASI290MC IR/UVカットフィルタ使用
キャプチャー:SharpCap 5000フレームx7
 AutoStakkert3 にてスタック (50%)
  RegiStax6にてウェーブレット処理
  ステライメージ、PhotoShopCCにて画像処理

中秋の名月と小江戸川越

昨夜(10/1)は中秋節、旧暦8月の満月でした。なかなか素晴らしい月でしたので撮影してみました。
中秋節というと以前にマレーシアへ出張へ行っていた時を思い出します。マレーシアは華人がそれなりにいますので中秋節はお祭りです。月餅を買ってきて食べますが、日本で売っているヤ〇ザキの月餅は饅頭のようですが、マレーシアの月餅はとても大きく、ドライフルーツやナッツがたっぷり入っていてとてもおいしかったです。

満月は凹凸が分かりにくいので表現が難しいです。まだまだ修行が必要ですね。

【中秋の名月2020】
中秋の名月2020.jpg

替わりまして翌日の10/2はとても天気が良かったので小江戸川越の時の鐘周辺に出かけてきました。川越は小江戸と呼ばれる街並みが残っていて観光地になっております。私のアパートから5kmぐらいの場所です。蔵の街でもあります。
風情のあるお店が軒を連ねてますので是非、訪問していただきたい場所です。平日はさほど混雑していません。

【時の鐘と蔵】
時の鐘と蔵.jpg

【菓子屋横丁】
小江戸川越1.jpg

10月には川越祭りがあるのですが、今年は中止になってしまいました。残念です。
行き方は、西武新宿線 本川越か東武東上線 川越市が最も近い駅ですが1.5kmぐらいあります。歩くのが嫌な方はバスか自家用車で行くのが良いです。小規模な有料駐車場があります。土日は市役所の駐車場も利用可能です。
健脚の方はJR川越駅から徒歩で移動すると駅周辺の近代的な街並みから江戸時代にワープするのでわくわくしますね。2kmぐらいあります。

晴れないので機材イジリ

せっかくの連休でしたがまったく晴れません。おまけに台風まで・・・

こんな時は、機材イジリです。
EQ8-R赤道儀のペイロードを考えるとまだまだ搭載に余裕があります。鏡筒ツイン化に挑戦してみました。

まずは、通常の搭載方法から・・

【ε130D】:鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 8.1kg
e130D.jpg

【R200SS】:鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 10.5Kg
R200SS.jpg

【ε180ED】鏡筒+ガイド鏡+カメラ(6D) 15.1kg
 10Kgのバランスウェイト 1個でぎりぎりです。
e180ED.jpg

ここからツイン仕様です。搭載用にプレートを自作しました。今回のプレートはいつも使っているアルミ厚板(A5052)ではなく、少し奮発して(A2017)にしました。一般的にはジュラルミンと呼ばれるものです。強度があるので10mm厚で十分です。
工作は自分でするので素材屋(切売りで重量で販売するところ)に注文、450mm x 200mmで5,000円程でした。
ついでにロスマンディー規格のアリガタも自作です。
プレート.jpg

【ε130D + R200SS】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 + カメラ x2  22.1Kg
e130_R200SS.jpg

【ε130D + ε180ED】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 + カメラ   24.8Kg
e130_e180.jpg

【ε180ED + R200SS】:鏡筒 x2 + ガイド鏡 +カメラ x2   27.4Kg
R200SS_e180.jpg

ほぼ、撮影時の実装状態です。赤経のバランスは合わせてあります。赤緯は若干の改良が必要ですが低頭ボルトがあれば解決できそうです。
ASI1600MM ProでL像、EOS6Dでカラーを撮ることを考えるとL:ε130D、カラー:EOS6Dがよさそうです。
鏡筒同士の光軸合わせとかあります。夜が長くなったらやって行きます。

    f.l.(Full-Size)       4/3
ε130D       430mm       760mm
ε180ED     500mm      1000mm
R200SS     760mm      1520mm

赤城山で観る アイリス星雲

台風10号が強力な勢力で接近してきていますね。九州地方は今晩が最接近でしょうか。お気を付けください。
関東地方も台風からは遠いですが、その影響なのか朝から風と雨が強くなったり弱くなったりしています。(たまに晴れ間も)

さて、本日ご紹介する画像は、ケフェウス座にあるアイリス星雲NGC7023です。7等星の光で輝く反射星雲ですが周りに分子雲も多いです。
中心付近は比較的輝度が高く、分子雲は極薄ですので撮り応えのある対象です。分子雲を狙うと中心は白飛びしてしまいますので別撮りしてみたいですね。

【ケフェウス座アイリス星雲NGC7023】
NGC7023_LRGB.jpg

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセンR200SS改(D200mm コマコレPH(fl=760mm)
カメラ:ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ:ZWO LRGB
     L:180s x 10(Gain139), 300s x 10(Gain139) 1x1binning
              RGB:各180s x 6(Gain300) 2x2binning 
     総露出時間134分
撮影日時:2020年8月28日 25:14~
撮影場所:群馬県 赤城山新坂平

庭撮り惑星撮影が楽しいです。-土星、火星ー

今日は、久々に過ごしやすい日でしたね。9月に入ったらいきなりなんてなんて分かりやすいのでしょうか?

今日ご紹介するのは7/27に自宅で庭撮りした土星と火星になります。
木星撮影後は雲が出てきましたのでいいチャンスがなくコマ不足です。

【土星】
土星完成.jpg
【火星】
火星_Comp10.jpg

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセン R200SS改(D=200mm,fi=800mm)
カメラ:ZWO ASI290MC
    パワーメイトx5.0,ADC使用
    SharpCap3.2にてキャプチャー 13ms/Gain300
    AS3にてスタック、Registax(Wavelet)
    WinUPOSにて自転補正&コンポジット
    SI8、PhotoShopCCにて画像処理

EQ8-R 初の遠征

なかなか暑さが収まらないですね。南西では台風が超大型に発達しつつあります。こっちくんな!!

8/28はまずまずの空模様な予感でしたので赤城山へ遠征してきました。現地で星友のN島さん、星見の方が数名来られておりました。
今回の遠征の目的は新しい赤道儀EQ8-RでのDeep Sky撮影確認です。

撮影した対象はNGC7293です。月もありますし、赤城のウィークポイント、南天の星雲ですのでナローバンドで撮影しました。SIIは弱いのでAOOで撮影しています。途中で霧がかかったので枚数が少なめです。
らせん星雲はナローで撮影すると放射状の構造が写りやすく興味深いですね。
【みずがめ座NGC7293らせん星雲】
NGC7293_AOO.jpg
ナローバンドの為、星像は小さいです。

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセンR200SS改(D200mm コマコレPH(fl=760mm)
カメラ:ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ:ZWO Hα(7nm)、OIII(7nm)
     Hα=300s x 4 , OIII=300s x 4
撮影日時:2020年8月28日 23:15~
撮影場所:群馬県 赤城山新坂平

庭撮り惑星撮影が楽しいです!ー木星ー

天気予報では”来週から過ごしやすい日が・・・”とか数週にわたり聞いた気がするのですが、過ごしにくいですね。
夜になれば・・・と思い、庭で惑星を撮影しましたが暑いですね。空調服で何とか過ごせますが、夜でも熱中症に要注意です。

本日ご紹介するのは、8/27に撮影した木星です。シーイングはなかなか良い空ですが、雲が流れて撮影がやりにくかったです。

【木星】
木星_完成版.jpg
イオの影が映っています。よく見るとイオ本体も写っています。(影の右、影と大赤斑とで正三角形▽辺り)

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセン R200SS改(D=200mm,fi=800mm)
カメラ:ZWO ASI290MC
    パワーメイトx5.0,ADC使用
    SharpCap3.2にてキャプチャー 13ms/Gain300
           3000フレームx6 AS3にてスタック、Registax(Wavelet)
    WinUPOSにて自転補正&コンポジット
    SI8、PhotoShopCCにて画像処理