カシオペア座 IC1805 ハート星雲

とうとう年の瀬、残すところ30時間少々です。(頑張れたらもう1本更新します)
今年は、いろいろなことが起きました。共通しているのはコロナウィルス関係ですね。緊急事態宣言、外出自粛、在宅での仕事・・・引継ぎたくないことばかりですね。
星関係では、ネオワイズ彗星、はやぶさ2帰還・・こちらは歓迎ですがスターリンク衛星はもういいです。
個人的には3月に再就職しました。8月には久々にペルセ群をまともに見ました。

今年の〆ととして、来年は平和な世の中が戻ることを祈念してハートを送ります。

【カシオペア座IC1805ハート星雲】
IC1805_120sx40shot_2.jpg
今回はステライメージ9を主に使って画像処理しています。フラットは撮ってあるのでセルフフラットは極弱めに使用しています。
扇のかなめの部分が飽和してますね。
【撮影データ】
望遠鏡 : タカハシε180ED(fl=500mm F2.8)
赤道儀 : Skywatcher EQ8R Pro
カメラ : Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
露出  : 120s x 40shot (ISO3200)
撮影日時: 2020.12.19 20:19~
撮影地 : 群馬県下仁田町

ペルセウス座 NGC1499 カルフォルニア星雲

大寒波襲来!・・と天気予報では申していますが本日12/29はこの時期としては暖かい1日でした。明日辺りから寒くなるようでギャップが辛そうです。

本日ご紹介する画像は、ペルセウス座にあるNGC1499カルフォルニア星雲です。M45プレアデス星団と比較的そばで135mmフルサイズの対角線に写ります。

この星雲は面積がとても広いので、ε180ED+フルサイズの視野に収まりきりません。(斜めだったらあるいは・・)
今回は2枚モザイクにしてみました。

【ペルセウス座NGC1499カルフォルニア星雲】
カルフォルニア_モザイク1x2.jpg
【撮影データ」
望遠鏡 : ε180ED(fl=500mm F2.8)
赤道儀 : EQ8R Pro
カメラ : Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
   ISO3200 120s 各30コマ 1x2モザイク
撮影日時: 2020.12.19 22:18~
撮影地 : 群馬県下仁田町

超新星残骸 Sh2-240 レムナント星雲

年末ですね~今年はコロナウィルスの影響で仕事納めが12/24になったので片付けなんぞやっているのですが五十肩が痛くて思うように進まないです。

さて、本日ご紹介する画像はおうし座とぎょしゃ座の境にあります超新星残骸 Sh2-240です。レムナントと呼ばれることもあります。
この星雲は10万年ほど前に超新星爆発した恒星の残骸になります。距離約3000光年、大きさは140光年に広がっているそうです。

【おうし座、ぎょしゃ座 超新星残骸 Sh2-240】
Sh2-240_AOO_2.jpg
【撮影データ】
赤道儀:タカハシ90S改
レンズ:Samyang135mmF2.0ED(F2.8で撮影)
カメラ:ZWO ASI1600MM Pro
  ZWO Ha,OIIIフィルター(7nm)
  AOO合成
Ha,OIII各 900s x 6 (Gain300  2x2bin)
撮影日時 2020.12.19 20:27~
撮影場所 群馬県下仁田町

いっかくじゅう座 ばら星雲周辺

少し更新が開いてしまいました。理由はのちほど!

みなさん、木星、土星の大接近! 見ましたか?
私は単身赴任先で双眼鏡で観ておりました。壮大でしたね。
もっとすごい接近ってないかな?と思ってステラナビゲータをグルグル廻したら・・・

ありました。
星図.jpg
木星の横に猫耳が見えています。そう、土星の環です。ピッタリ木星が土星を食しています。
(掩蔽かな?)
しかも、日本で観測は最適、食の中心は2:27 高度30°程度で少し低いですかこの日の薄明開始まで待つと土星が”こんにちわ!”と顔を出して撮りごろになります。この時、大赤斑が正面(残っていれば?すれるかも)
問題はいつ起きるかです。dorodorodordoro 4008/11/2 ・・・・2000年後でした。
こんな写真が撮れたらいいよね?
星図2.jpg

今日の補給物資です。12/19に撮影したものです。
Upが遅れたのはステライメージ9を試していたからでした。スピードアップを謳っていたけどあまりスピード変わらない気がする。
今度、同じ素材で比べてみます。
セルフフラットは・・まだ使いこなせていないからかな?PIのDynamicBackgroundExtractionのほうが良い気がする。
慣れていないかもしれないけど・・
SI9使ったのが下の画像です。
Rose_LRGB2.jpg

おおいぬ座Sh2-308 ミルクポッド星雲

今日は茨城県で少し大きめな地震がありました。会社がある所沢でも”大きいな”と感じるほどでした。
日本海側では大雪と自然の猛威を感じますね。

さて、今日ご紹介する画像はおおいぬ座Sh-308になります。別名、ミルクポッド、近年、デジカメの高性能化でこのような特殊な星雲も写すことができるようになりました。

この星雲は中心にあるウォルフ・ライエ星の強力な紫外線で周囲の酸素が電離して青緑に輝いております。
ウォルフ・ライエ星とは超大型の赤色巨星が強力な太陽風を発生させて周囲のガスを吹き飛ばして、中心核がむき出しになった状態で数万度の温度で蒼く輝いている恒星です。

明るい恒星の周りに見える円盤はε180EDの補正レンズとナローフィルターによるゴーストでこのような光学系の宿命ですのでお許しください。

【おおいぬ座 Sh2-308 ミルクポッド星雲 AOO合成】
Sh2-308_AOO2.jpg
【撮影データ】
望遠鏡 : ε180ED(fl=500mm F2.8)
赤道儀 : EQ8R Pro
カメラ : ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ: ZWO Ha,OIII(7nm)
 Ha:600s x 10コマ、 OIII:600s x 5コマ (Gain=300 2x2Bin)
撮影日時:2020.12.12 23:37:36~

さらに淡いHaの赤いところも狙ってHaは2倍撮ってみました。SIIは写らないので最初から捨てています。

オリオン座 IC434,NGC2024(馬頭星雲と燃える木)

12/6に無事、帰還したはやぶさ2のカプセルですが、中に予想以上の砂が入っていたようですね。うれしい限りですね。
いろいろな研究機関で解析が進めばたくさんの発見があるでしょうね。
はやぶさ2本体はもう地球から400万Kmも遠くへ行ってしまったようです。

さて、本日ご紹介する画像は、星好きなら一度は撮ってみる天体、馬頭星雲です。
中央で爛々と輝くのはオリオン座 ζ (ゼータ)星アルニタク です。2等星ですが実際は1.78等級と1等星に近い明るさです。
太陽質量の33倍の青色超巨星です。大きいので写真にも大きく写ってます。(ウソ)

【オリオン座 IC434 NGC2024】
IC434_LRGB2_HDR2.jpg
【撮影データ】
撮影鏡 : ε180ED(D=180mm,fl=500mm F2.8)
赤道儀 : Sky Watcher EQ8R Pro
カメラ : ZWO ASI1600MM Pro
   L=300s x 7コマ (1x1)
   RGB各=180s x 6コマ(2x2)
   Ha=300s x 5コマ(2x2) Rに比較明加算
撮影日時 : 2020.12.12 26:21~
撮影地  : 群馬県下仁田町

12/13早朝の金星と月

今年はあまり寒くないな~と思っていましたが、真冬並みの寒気が入ってくるようで今週は寒くなりそうです。

さて、12/13の早朝に金星と月の大接近がありました。
月齢27.6の細い月が昇ってくる寸前に―4等星の金星が通り過ぎました。
木の枝越しの撮影ですが絵にしてみました。
デジイチは流星撮影にすべて廻していましたのでモノCMOSカメラでの撮影です。
意外と月の動きが大きいのでそのままではカラー合成できず、分けて処理しています。

まずは、月を適正露出で
月と金星.jpg
クレータは見えるのですが、金星の迫力も無いし距離も遠く感じますね

地球照が良くわかるように撮影してみました。
地球照2.jpg
いかがでしょうか?

【撮影データ】
望遠鏡: ε180ED(fl=500mm)
赤道儀: EQ8-R Pro
カメラ: ZWO ASI1600MM Pro
撮影地: 群馬県下仁田町

ふたご座流星群の永続痕

ふたご座流星群の季節です。12/12は天候もよさそうだったので遠征に出かけてきました。
明るい流星が10分の間隔で似たようなコースで飛んだのをGetしました。
二つとも永続痕が発生、特に2個目は5分以上の永続痕でした。

パラパラ動画のように合成したのでご覧ください。永続痕は薄いのでわかりにくいと思います。
だプルクリックすると大きく見ることができるので是非、大きくしてご覧ください





カメラ: CANON EOS 40D
レンズ:   EF28mm / f1.8
ISO1600 30s

ぎょしゃ座 IC405

暗いニュースが多い中で、”はやぶさ2”帰還という嬉しいニュースが入ってきましたね!新しい発見があればうれしいですね。

今日、ご紹介する画像は、ぎょしゃ座にあるIC405になります。”勾玉星雲”として有名です。
中心にある恒星による反射星雲が青っぽく写る周りに赤い星雲が美しい光景を作っております。


【ぎょしゃ座IC405】
IC405_120sx33shot_2.jpg
【撮影データ】
望遠鏡 : ε180ED(fl500mm)
赤道儀 : EQ8-R Pro
カメラ : Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
ISO3200 120s x 34コマ
撮影日時: 2020.11.21 26:17~
撮影地 : 群馬県下仁田町

いっかくじゅう座バラ星雲(NGC2237)

師走に入りました。だんだんと寒くなってきています。
高崎でも先日は、霜が降りていました。霜が降りると下仁田ネギのおいしくなるシーズンです。
鍋に入れると美味いです。焼いてもいいですね。みんな大好き妙義山の周辺は産地ですのでお土産にどうぞ!!

本日ご紹介する画像はバラ星雲になります。赤い散光星雲の中に散開星雲NGC2244が輝いています
中心付近は青みを帯びていてとても美しい星雲です。

【いっかくじゅう座バラ星雲】
NGC2237_20shot_完成.jpg

【撮影データ】
望遠鏡 : ε180ED(fl500mm)
赤道儀 : EQ8-R Pro
カメラ : Canon EOS 6D(SEO-SP4)改
ISO3200 120s x 20コマ
撮影日時: 2020.11.21 27:43~
撮影地 : 群馬県下仁田町