10/24 妙義山遠征(4) はくちょう座網状星雲

あっという間に11月です。今年は、例のアレのせいで、印象深い1年でした。

今日ご紹介するのは、はくちょう座にある網状星雲です。約1万年前に爆発した超新星残骸です。眼視では大変淡く、大型のドブソニアン等で確認できる程度ですが写真には比較的よく写ります。
写真では右下側に4等星があり周囲に明るい星雲がありますが、ここがNGC6960で「魔女のほうき」と呼ばれています。(その左の縦長の部分は熊手のようです)

今回の撮影では、ちょうど曇ってしまいましたので待機しているうちに木の影に入ってしまいOIIIが1枚しか撮影できませんでした。
もう、高度が下がってしまったのでまた、来年ですね。

【はくちょう座 網状星雲 SAO合成】
NGC6229_SAO.jpg

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
レンズ:Samyang135mm/f2.0 ED UMC
カメラ:ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ:ZWO SII,Hα、OIII
     SII:  600s x 4(Gain300) 2x2binning
     Ha :  600s x 5(Gain300) 2x2binning
     OIII: 600s x 1(Gain300) 2x2binning
     総露出時間 100分
撮影日時:2020年10月24日 21:41~
画像処理:Pixinsight、PhotoshopCC
撮影場所:群馬県 妙義山