7/31 赤城山で見た月齢10.9の月

北関東は、梅雨明け後の気温が上昇していますね。この辺りは昼間の気温が上がると雷雲が発生しやすくなるのが心配ですね。

今日、ご紹介するのは7/31撮影した月面になります。こんな大きな月があるのでネオワイズ彗星は見にくいですね。
悪役になってしまっている月ですが撮影してみました。

白黒一辺倒になってしまう月面ですが、今回は処理に気合を入れて色目が分かるように処理しています。
【月齢10.9】
月齢10_20200731_完成_2.jpg
【撮影データ】
赤道儀 :EQ6Pro
望遠鏡 :R200SS改 + コマコレクタPH(D=200mm,fl=760mm)
カメラ :ZWO ASI1600MM Pro  フィルタ ZWO LRGB
露出  :L=1.5ms(Gain50 )x1000フレーム x2
    :R=1.5ms(Gain120)x1000フレーム 
    :G=1.5ms(Gain150)x1000フレーム 
    :B=1.5ms(Gain150)x1000フレーム 
処理  :AutoStakkert3にて50%スタック、RegStax6にてウェーブレット処理
     ステライメージ8にてRGB,LRGB合成、PhotoShop CCにて彩度、画質調整
撮影日時:2020年7月31日23:32~

実はこの時間は、いて座M8干潟星雲を月が食しています。珍しい機会なのですが光度差がありすぎてわからないですね。
ステラナビ等で確認することができます。
新星景っぽく処理するとこんな感じです。
M8食.jpg