EQ8-R 初の遠征

なかなか暑さが収まらないですね。南西では台風が超大型に発達しつつあります。こっちくんな!!

8/28はまずまずの空模様な予感でしたので赤城山へ遠征してきました。現地で星友のN島さん、星見の方が数名来られておりました。
今回の遠征の目的は新しい赤道儀EQ8-RでのDeep Sky撮影確認です。

撮影した対象はNGC7293です。月もありますし、赤城のウィークポイント、南天の星雲ですのでナローバンドで撮影しました。SIIは弱いのでAOOで撮影しています。途中で霧がかかったので枚数が少なめです。
らせん星雲はナローで撮影すると放射状の構造が写りやすく興味深いですね。
【みずがめ座NGC7293らせん星雲】
NGC7293_AOO.jpg
ナローバンドの為、星像は小さいです。

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセンR200SS改(D200mm コマコレPH(fl=760mm)
カメラ:ZWO ASI1600MM Pro
フィルタ:ZWO Hα(7nm)、OIII(7nm)
     Hα=300s x 4 , OIII=300s x 4
撮影日時:2020年8月28日 23:15~
撮影場所:群馬県 赤城山新坂平

庭撮り惑星撮影が楽しいです!ー木星ー

天気予報では”来週から過ごしやすい日が・・・”とか数週にわたり聞いた気がするのですが、過ごしにくいですね。
夜になれば・・・と思い、庭で惑星を撮影しましたが暑いですね。空調服で何とか過ごせますが、夜でも熱中症に要注意です。

本日ご紹介するのは、8/27に撮影した木星です。シーイングはなかなか良い空ですが、雲が流れて撮影がやりにくかったです。

【木星】
木星_完成版.jpg
イオの影が映っています。よく見るとイオ本体も写っています。(影の右、影と大赤斑とで正三角形▽辺り)

【撮影データ】
赤道儀:EQ8-R Pro
望遠鏡:ビクセン R200SS改(D=200mm,fi=800mm)
カメラ:ZWO ASI290MC
    パワーメイトx5.0,ADC使用
    SharpCap3.2にてキャプチャー 13ms/Gain300
           3000フレームx6 AS3にてスタック、Registax(Wavelet)
    WinUPOSにて自転補正&コンポジット
    SI8、PhotoShopCCにて画像処理

8/12 グンマ~國北部で観るペルセウス座流星群(動画)2

今朝は、秋風ふいた!感じで意外と涼しかったですが、日中は酷暑でしたね。
これから、朝夕と日中の寒暖差が大きくなって体調を崩しやすくなります。ご注意ください。

今日ご紹介する動画は8/12に撮影したペルセウス座流星群の動画になります。
天文ではあまり使わないCanon EOS 7Dで撮影していたことをすっかり忘れていました。

明るいのも写っていますので探してみてください。
いつものように前半はコメットモード(残像がしばらく残ります)、後半はノーマルのタイムラプスです。


このカメラはノーマル機です。流星撮るのにはノーマル機のほうが背景がニュートラルグレーにし易くて良いですね。

新しい娘が入ったよ!

連日の猛暑日、たまらないですね。

昨日、ヤマト運輸の家財宅急便で荷物が届きました。
荷物.jpg
家財便って初めてでしたが運送屋さんが2名来ると事前に連絡がありました。重いので二人で持つものと思っていましたが一人1個づつ運んできました。35kgを楽々運んできました。流石ですね。

で、中身はこれです。
本体.jpg
EQ8は今年5月にモデルチェンジしました。EQ8-Rとなっています。
検品するために、庭で仮組してみました。失笑です。
確かに、重量はありますが本体のハンドルがいい仕事をしていて運びやすいですね。扱いはEQ6とあまり変わらない印象です。EQ6は持つところがないので意外と厄介です。
ケーブル周りはすっきりしていてアリミゾから赤経南端の不動のところまで内部配線していてあるので絡まるリスクは少なくなりますね。50cmぐらいのケーブルでOKです。
ドブテイル.jpg
赤経テイル.jpg

よく使うR200SS改でバランスを取ってみました。10kgのウェイトでこの一でバランス取れます。惑星撮りはこの辺りですね。
R200SSバランス.jpg
ε130Dだとギリギリ一番上でした。カメラだけだとシャフトのみ?かな?シャフトも3キロあります。
写真で見るとそうでもないですがセンターピラーが極太です。ε130Dの鏡筒ぐらい!

顔グロな娘なので炎天下では熱いです。手袋しないと触れません。(^^;

流石に、ビクともしないですね。ミスの言い訳ができなくなりました。

夜に室内で電源入れてみました。エンコーダーが付いているのでほっといても大体向いてくれます。PCとの接続も問題なしですね。
恒星時駆動では0.5AでEQ6より少ないくらいですね。最高速は2.5Aぐらいでした。

これからが楽しみです

8/12 グンマ~國北部で観るM27

激アツの日が続いています。皆様、体調は万全でしょうか?熱中症の初期症状には発熱や倦怠感がありコロナウィルスの症状と似ているそうですので厄介ですね。
ところで最近のニュースではこの厄介な病気を新型コロナって言ってます。おやじ世代には新型コロナはマークII、クレスタ、チェイサーもご兄弟で一世を風靡していましたがすべて消えてしまいました。厄介者も消えてくれないかな~

本日、ご紹介する画像ははくちょう座M27あれい星雲になります。ペルセ観測の合間に電子観望していたのですが写りがなかなか良かったので撮影してみました。30s x 57コマ、45s x 17コマとコマ数は多いですが総露出時間は40分と短いです。

短時間露出にしたのは2つの理由があります。①露出を伸ばし過ぎると縁の赤い部分がすぐに飽和してしまう。②風が強かった。この対策です。
対角線画角が6.5mm程度ですので35mm換算で5000mm以上の焦点距離になります。画像はほとんどトリミングしておりません。横方向が長いセンサーサイズなのでブログ用に調整しております。

これからの秋の銀河祭りに使えそうです。
【はくちょう座M27あれい星雲】
M27完成.jpg

あ~っ、ダーク撮るの忘れてた!
このサイズだとフラットも要らないですね。センサーのごみが写り込むようであれはスカイフラットですね。

おまけ
最近、話題の”サク山チョコ次郎”です。お安くておいしいと話題です。
なんで、次郎なんだろう?太郎でも、三郎でもいいんだが・・・なんでゴリラ?・・・
IMG_2392.JPG

8/11 赤城山で観るクレセント星雲

長かったお盆休みも終わり、今日から仕事再開の方も多いのではないでしょうか。私も本日から仕事でしたが、なかなか集中できず効率が悪かったです。星見なら即、集中なのですが、今日は星見あとの撤収のような気分でした。

本日ご紹介する画像ははくちょう座にあるNGC6888クレセント星雲(三日月星雲)になります。H-II領域で撮影される方も多いサドル周辺を広めに撮ると可愛いクラゲみたいな三日月が良く写っています。今月発売の天文ガイド9月号の星雲・星団案内でも紹介されています。意外とOIII(青色)が多いエリアです。今回はNGC6888に絡まる蒼いベールを撮ってみました。

【はくちょう座NGC6888クレセント星雲 AOO合成】
NGC6888_AOO.jpg

8/12 グンマ~國北部で観るペルセウス座流星群(静止画)

お盆休暇も終わりですね。明日からまた会社です。
暑いのはたまらないですが秋雨も嫌なのでほどほどにお願いしますよ!お天道様!

本日ご紹介する画像は8/12に撮影したペルセウス座流星群を1枚の静止画にまとめたものです。
観測地の空の暗さもあり、Samyang 14mm ED F2.8 30秒露出だと適正ISO8000で撮影しております。途中で月が出てきましたので合成にはバックグラウンドを合わせるのに手間取りました。

天の川を背景に飛ぶ流星は格別であります。
ペルセ_流星合成_6D.jpg

8/12 グンマ~國北部で観る火星

お盆です。今年は、帰省している方、自宅にいる方・・過ごし方は交々と思います。私は実家にいますので帰省はないのですが、兄弟が子供、孫を連れてやってきていたのが今年は無く寂しいお盆です。

今日ご紹介するのは、8/12に群馬県北部で撮影した火星になります。冷たい北風が終始ふいていましたので((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル・・・熊が出没するということでもガクブル(^^;・・・よく画像にできたもんだ・・
火星_完成1.png

模様が良く分かるようになってきました。10月が楽しみです。

8/12 グンマ~國北部で見るペルセウス座流星群

皆さま!
今年のペルセウス座流星群は見られましたでしょうか?
関東地方は夕刻に雷雨があり警報が発令、場所によっては停電もあったようです。
群馬県北部ではさほどの雷雨もなく、薄明終了ごろから見事な星空でした。

星友の方々と共にWith コロナ時代の星見会です。

前半は、軌跡が残りやすい処理をしていますが雲が目立ってしまいます。後半は通常のタイムラプスです。
この場所は天の川が濃く見えるところです。

まともにペルセ群を見たのは久しぶりです。いつも曇ったり、霧だったり、雷雨だったり・・

あとで静止画に纏めます。

8/11 赤城山で観るネオワイズ彗星(まだイオン見えます)

みなさん、暑いです。半端ないですよね。でも、高原の夜はとても涼しくご機嫌な環境です。

海外では大彗星と言われているネオワイズですが、日本では梅雨後半の不順な天候のおかげでほぼ全国で消化不良だったのではないでしょうか?
梅雨宣言後も水蒸気が多く、良い環境が訪れませんでしたがやっと満足な空がやってきました。

GPV天気予報はイマイチな天気でしたので近場の赤城山へ遠征に行ってきました。現地では星友のひろたろうさん、赤城の主、N島さん、Hayakawaさんがご一緒でした。ペルセ流星群前夜で夕涼みもかねて近隣のファミリー、カップル・・たくさんの方の出入りがありました。

画像ですが、ISO1600,120sを27コマ、コンポジットで強い処理をしているので画質が悪いですがご容赦を!まだイオンテイルが確認できます。


Neowise完成.jpg

7/31 ネオワイズ彗星(動画)

皆様、おはようございます。(朝から暑いです)

今日、ご紹介する画像は7/31に撮影したネオワイズ彗星の動画になります。
そろそろ、ネタ切れなので繋ぎです。

雲が流れて時々覗く彗星のエメラルドグリーンの核をお楽しみください。


おまけ、ASI290MCの直焦点で撮影したM27の撮って出し画像1枚もの(コンポジットなしです)
ベイヤー出力なので現像(自動補正無しで)しています。画角をブログ用に合わせていますがレベル調整や色調調整は行っていません。今後、小さいモノ撮りには活躍しそうな予感です。(露出は2分、F4.0 R200SS改)
M27.jpg

8/9 木、土、火星

日増しに暑くなってきましたね。昨夜辺りから空の潮目も変わってきたようで星空(青空)が見られるようになってきました。
明日は、さらに気温が上がって38℃になると報道されていますね。熱中症に注意しながら星見をしましょう。夜でも油断できないです。空調服がいいです。私も愛用していますが虫刺されもある程度防げます。
本日は、昨夜のニワ撮り3惑星です。火星は、月のすぐそばにあって、変な光が入ってしまっています。眠さに耐えられず低い高度で撮影してしまっています。3時ごろまで粘らねば・・・

木星1.png
土星コンポジット2.png
火星コンポジット2.png

8/7 またまた月です。庭撮り

梅雨明けしたのはいいですが、スカッと晴れないです。気温だけ真夏・・・
昨夜は、木星が何とか見えていたので庭で撮ろうと思い戦闘準備(温度順応)していたら木星は薄雲に隠れてしまいました。
悔しいので昇ってきた月を迎撃です。
丁度、7/31に撮った月とは満月を挟んで反対になります。

8_7_月_完成.jpg

7/31 赤城山で観る月

連日、暑い日が続いていますね。群馬では酷暑日になったりしています。しかし夜になると水蒸気が多くて星が良く見えないです。やきもきしますね。
本日、ご紹介するのは7/31に撮影した月の中からティコ周辺になります。前回のコペルニクスに続き月の名所案内です。
クレーター生成時の膨大なエネルギーを感じますね
ティコ_完成.jpg

7/31 赤城山で観る木星、土星

今日は、とても暑かったですね。夜になっても気温が下がってきません。涼しい高原で星見がしたいですね。まぁ、満月なんですけど・・・

本日ご紹介する画像は、7/31に撮影した木星と土星になります。
ちょっと、ミスもあり、あまり解像度があがってませんがご覧ください。木星_自転補正_ガニメデ付_完成.jpg
写っている衛星はガニメデになります。
色ずれしてます。ADCの設定をミスっています。

土星8_2完成.jpg

7/31 月面 コペルニクス周辺

明日は満月ですね。今晩は東の空にオレンジ色の月が昇ってきてとてもきれいでした。

と、いう振りで昨日に引き続き月面の紹介です。
昨日の作品はフォーサーズ・フォーマットで全面を撮影しましたが今回はカメラをASI290MCに変えて撮影しております。
センサーサイズが小さいのでニュートン系の軸上無収差を生かすため、コマコレ等の補正レンズは使用しないでの撮影です。
いかがでしょうか!!

【月面 コペルニクス周辺】
コペルニクス周辺.jpg
【撮影データ】
赤道儀 :EQ6Pro
望遠鏡 :ビクセンR200SS改(D=200㎜ FL=800㎜ F4.0) 
カメラ :ZWO ASI290MC
撮影日時:2020年7月31日 23:52~

7/31 赤城山で見た月齢10.9の月

北関東は、梅雨明け後の気温が上昇していますね。この辺りは昼間の気温が上がると雷雲が発生しやすくなるのが心配ですね。

今日、ご紹介するのは7/31撮影した月面になります。こんな大きな月があるのでネオワイズ彗星は見にくいですね。
悪役になってしまっている月ですが撮影してみました。

白黒一辺倒になってしまう月面ですが、今回は処理に気合を入れて色目が分かるように処理しています。
【月齢10.9】
月齢10_20200731_完成_2.jpg
【撮影データ】
赤道儀 :EQ6Pro
望遠鏡 :R200SS改 + コマコレクタPH(D=200mm,fl=760mm)
カメラ :ZWO ASI1600MM Pro  フィルタ ZWO LRGB
露出  :L=1.5ms(Gain50 )x1000フレーム x2
    :R=1.5ms(Gain120)x1000フレーム 
    :G=1.5ms(Gain150)x1000フレーム 
    :B=1.5ms(Gain150)x1000フレーム 
処理  :AutoStakkert3にて50%スタック、RegStax6にてウェーブレット処理
     ステライメージ8にてRGB,LRGB合成、PhotoShop CCにて彩度、画質調整
撮影日時:2020年7月31日23:32~

実はこの時間は、いて座M8干潟星雲を月が食しています。珍しい機会なのですが光度差がありすぎてわからないですね。
ステラナビ等で確認することができます。
新星景っぽく処理するとこんな感じです。
M8食.jpg

7/31 ネヲ君に会いに赤城に行ってきました

やっと梅雨明けですね。今日はまだ酷暑までは行きませんでしたが、来週から酷暑がやってくるようです。
こんな夜は高原ですね。
梅雨明け前夜祭でしたが晴れ間がありそうだったので赤城に出撃してきました。
GPVの天気予報はあまり良くなく、月齢10でしたのでそれらしき人はいなかったです。
気温13℃、少し風があったのでとても寒かったです。
【ネヲワイズ彗星】
neo_53shot.jpg
大きな月が爛々と輝いていたので厳しい処理をしています。まだまだイオンテイルは健在、何とか写っています(上の方)
闇夜で撮影するのには最短であと1週間ぐらい必要ですね。ペルセ遠征のときに本格的に撮れるかな?

【撮影データ】
マウント:タカハシ90S改
カメラ :Canon EOS 6D(SEO-SP4)
レンズ :Samyang 135mm/F2.0 (F2.8で撮影)
露出  : 20s x 53ショット ISO1600
撮影日時:2020年7月31日 20:33~