Canon EOS 6D ミラーボックスケラレのついて

昨日は雨が降って肌寒い天候でしたが今日は真夏日、熊谷、舘林は34℃だったそうです。また週末は3か月季節が戻って肌寒くなるそうです。体調は万全に保ちたいですね。

今日は、よく話題になるCanon EOS 6Dのミラーボックスケラレについて考察してみました。
多くの方が天体撮影に使用しているEOS 6Dですが強い画像処理をするとフラットが合い難く苦労した経験はないでしょうか?ミラーに相当する部分が合わないことが・・なぜ合わないのか考えてみました。

未改造のミラーボックスは下記の通りです。(未改造はAPS-Cの7Dしかありませんので・・悪しからず)
改造するときミラーが当たるところのスポンジを取り除いている方は多いと思います。
7Dクッションスポンジ.jpg
私も取り除きました。これでミラーがもっと上に上がりケラレが少なくなると考えておりましたが
どうも、違っていたようです。
バルブの状態でミラーを押すと上に動きます。微妙に隙間がある状態です。
6Dミラーアップ説明.jpg
バルブの状態では、ソレノイドとバネの均衡でミラーが止まっている状態で強く束縛されていないようです。
スポンジはそのままの方が再現性は良いように思われます。

黒テープを張ってみたりしましたが、すぐ剥がれてしまうのでしっかりと植毛紙で接着してみました。
6D植毛紙.jpg
植毛紙をしっかりと、ミラーの縁、全体を接着できれば、簡単には剥がれません。
この状態で2ヶ月経ちますがビクともしないです。

貼るときはバルブにしてミラーアップするとセンサーが丸見えでドキドキしますので下のようにスポンジを挟むといいです。正方形に自由に切り抜ける緩衝材の残りです。

6D植毛紙_貼り方.jpg
6月3日にアップした北アメリカ星雲~サドル付近はこの状態で撮影しています。フラットはばっちりでした!
6Dのマウント内はΦ48mmですので型紙をΦ48mmでくり抜いて試されるといいと思います。
私の場合は、Φ48mm 高さ12mmがベストサイズでした。
簡単ですが、興味のある方は自己責任でやってみてください。

改造ネタ その2
これは何でしょうか?
これは何でしょうか.jpg
懐中電灯のようですが、左側はCマウントの50mmCATV用レンズ、右側はQHY5P-II Cカメラです。
黒いのは収縮チューブを傷防止に着けていますレンズの絞りリングも固定しています。
なぜかこのレンズはf=22が開放でf=1.4で一番絞られます。(笑)
惑星撮影用に持っていたのですが撮影レートが上がらないので最近、出番がなかったです。
これを合体し、アリガタに取り付けてファインダーとして使用します。
ガイド鏡でいいじゃん!といった仕様ですがこのカメラUSB2.0で500万画素、PHD2で画像更新が5秒ぐらいかかってしまいます・・なぜかわからないですがレートが上がりません。ステラショットも同様。
電子ファインダー.jpg
ラバーフードは他の物の付属品だったと思いますがなぜかジャストフィット。
QHYのEZPlanetaryとSharpCapは問題ないのでドライバーが良くないか?
それでもフレームレートはせいぜい3fpsですがファインダーには問題ないです。
こんな感じでファインダー見ることが出来ます。100m先のJA看板、網戸越し
電子ファインダー.png
星を撮りたかったのですが、晴れないです。
視野はステラナビでシミュレーションしました。
視野.jpg
緑の円が7°で50mm7倍光学ファインダーの視野、赤が電子ファインダーです。
普段は最初の赤道儀アライメントぐらいしか使わないのですが惑星撮影には必須です。
これで腰痛から解放か!  。。期待

改造ネタ その3
ビクセン R200SSは前回の改造で、今やりたいことは全てやった感です。
仕上げにステッカーチューンしてみました。
録画中です
録画中です.jpg
恋する小惑星(アステロイド)木ノ幡みら
ちょっと曲がった。(笑)

あとは、ペルセ群迎撃準備かな?。。増軍もしたいし・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

ひろたろう
2020年06月16日 08:23
軽トラおやじさん、おはようございます。
EOS6Dのケラレ検証とても見応えある記事です。
電子ファインダー使えますね(╹◡╹)
恋する小惑星のステッカー素敵ですね!
私も貼りたいくらいです(^ν^)
軽トラおやじ
2020年06月16日 21:15
ひろたろうさん こんばんわ!
コメント&お褒めのお言葉ありがとうございます。
6Dはミラーを張ってしまうとファインダーが見えなくなってしまいます。まあ、あまり星見えないのでいいんです。
電子ファインダーもおすすめです。あのアクロバティックな体勢からオサラバ、1秒露出で50mmファインダより良く見えますし、10秒ぐらいにすれば星雲が見えてしまいます。3000円台で買える50mm/f1.4はおすすめです。星像はお世辞にもきれいではないですが・・
みんなで広げよう「恋する小惑星」です。