8/8は世界猫の日・・・赤道儀、緊急修理

8/8は「世界猫の日」だそうです。猫の日というと「にゃ~にゃ~にゃ~」で2/22を思い浮かべますが、これは日本猫の日だそうです。
せっかくなので家のダメ猫たちを紹介します。
【メタボ猫みーちゃん、メス12歳】
IMG_0600.JPG
思い切りメタボです。食事と昼寝をこよなく愛する12歳です。

【ツンデレ・ジルちゃん メス2歳】
IMG_1343.JPG
飼い主の手は”がぶっ”するくせに雷が鳴るとこの通り。

他に、野良猫が4匹(内、1匹は2か月)が住みついています。けっこう、猫だらけ・・・

閑話休題、
先日の赤城山遠征の時、極軸セット時に、水平方向調整用の微動ネジが硬くなり、2回転程度しか回らなくなってしまいました。その日は、ピラーごと動かして極軸調整したのですが、このままでは不便なので修理しました。
帰宅後、バラシて確認すると特に硬くはなかったのですがネジ山が少し摩耗しているようでした。ネジが咬むと、直っても必ず再発するので修繕します。
IMG_1431.JPG
こんな時、役立つのはヘリサート・キットです。有名どころはリコイル社のセットですが、1サイズで5千円以上しますので、なかなか揃えません。安物ですがM5,M6,M8,M10,M12の5サイズで5千円以下で買えます。結構、役に立ちます。
IMG_1434.JPG
今回は、M10でしたので下穴は10.4mmです。小型の電動ドリルではできません。ボール盤を使います。
天体望遠鏡用にはM6,M8が多いと思います。この辺りが補修できると便利です。ちなみにM4のヘリサートもありますがスプリュー(バネみたいな挿入素材)が柔らかく挿入が難しいです。M3,M4はエンザートというものを使ったほうが良いです。
スプリューはステンレスですので雌ネジはかなりの強度になりますし、スムーズになります。
この加工は、切り粉が出るので架台部分を全部分解して、グリスを灯油で洗浄してから行っています。
加工後は、パーツクリーナーで洗浄して乾燥後、新しいグリスを貼付して組み立てています。パーツクリーナーが残っているとグリスが変質するのでよく乾燥します。ここのグリスは一般的な二硫化モリブデン入りのグリスです。もう少し硬めの物でもいいかもです。
ついでに高度調整ネジもヘリサートを挿入しました。
ノブ.jpg
雄ネジ側は、廃品利用?です。使わなくなった(ジャンク箱にあった)合焦用のノブ(ハンドル)の穴をM10で切って、ステンレスのM10寸切ネジを切って先端を加工して作っています。回転防止にM4ホーローセットを横からねじ込んでいます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント