またまた、改造、調整です。

梅雨明けが近づいているようです。そろそろ改造、調整も仕上げないと・・ということで前回、宣言していたスカイエクスプローラの短足化です。
【改造前】
IMG_1393.JPG
スカイエクスプローラの脚、架台上部~脚先までの長さは850mmあります。タカハシの三脚は700mm(ともに縮めた状態)です。
同じような高さにしようと思い、メインパイプを150mmカットしました。

【改造後】
IMG_1395.JPG
脚先の白い部分はM5ホーローセットで留まっているので(一脚につき4本)緩めると簡単に外せます。メインパイプはΦ50mmのSUSです。今回はパイプカッターで切りました。それほど肉厚がないのでゆっくりカットしないと変形してしまいます。
150mm切ると伸長パイプが収まらなくなるのでこちらもカットします。脚先の白い石突きは接着剤で留まっているだけなので当て板して玄能で叩くと簡単に外れます。こちらはΦ30mmです。同じくパイプカッターで切ります。戻すときはM5ホーローセットを打ちました。
改造ネタは梅雨シーズンは終わりの予定です。

次は調整・・・
ビクセン R200SS(200mm F4ニュートン)ですが、メーカー推奨は光軸ズレたらメーカー調整となっていますが、ニュートン反射はやはり光軸調整は必須と思っています。
R200SSは斜鏡のセンターマークがありません。斜鏡外周でも合わせにくい(見えないので)センターマーク打点は必須です。この作業はGWにやってあります。無料のCADソフトとかで楕円を描いてトレーシングペーパーに印字し、マーク位置に針跡を付けて斜鏡に重ねるとうまくできます。私はAR CADというソフトで45°の円を描いています。
今回は光軸調整です。
ニュートンの調整はタカハシのセンターリングアイピースが便利です。ε130Dの眼視用接眼部を使うとR200SSでも使えます。M60オスが切ってありますので・・・使うセットです。
IMG_1396.JPG
調整前のセンターマーク
IMG_1384.JPG
スマホで撮ったのでわかりにくいですが真ん中の明るいドーナツが主鏡マークです。その周りの暗いドーナツがアイピースの反射です。肉眼で覗くと2つのドーナツは区別がつかないです。本当は中心にアイピース見口が黒く見えるのですが主鏡センターマークと重なって良く見えません。ε130Dの場合だと主鏡センターマークがもっと大きく黒色で同心円に見えます。
ここでアイピースをキャッツアイ製Cheshireコリメータに変えると良く見えます。
IMG_1389.JPG
センターマークと見口の大きさが丁度良いので精度よく合わせることができます。
※撮影はスマホを押し付けて撮ってますのであまり正確ではありません。十字線はピントがそこに行ってしまうので外しています。
キャッツアイ製Cheshireコリメータは販売終了しているようです。・・・安くてよかったのですが・・・

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

ひろたろう
2019年07月24日 15:18
軽トラおやじさん、こんにちは。
梅雨明けに向け機材調整真っ盛りですね!
三脚の脚使い易い長さにカットしましたね!
早い事夏の星雲星団を撮りたいですね(^ν^)
軽トラおやじ
2019年07月24日 22:21
ひろたろうさん
こんにちは、失業中で時間はたっぷりありますので、やり放題です。
天気が悪く気温が低かったので作業小屋に籠ってます。・・もう梅雨明けしそうなので作業小屋で作業は熱中症のリスク大なのでお休みです。
来週からテスト、撮影できるといいですね。